運営の仕組み

教職員と保護者の有機的なつながりがシュタイナー学園を支えています。

学校法人シュタイナー学園には、いくつかの組織があります。

・教育を担う教師会
・運営を担う理事会
・交流と相互扶助を行う学園をささえる会
・親と教職員の集いである学内会
・学園の運営が適切に行われるよう理事会に意見を述べたり、報告を求める評議員会
・学外の支援者との絆を深める友の会

こうした人たちが有機的に関わりながら、シュタイナー学園共同体を形成しています。

親の関わり方

シュタイナー学園の保護者は、お子さんの在学中、学内会の一員として運営を担う理事や評議員を選出したり、「シュタイナー学園学園をささえる会」の一員として個人の資質を生かし、学園や地域社会に向けた活動を行ったりします。学園祭でのバザーやスクールオープンデー、その他催事や学園 の活動に必要な係の役割分担など、主体的に関わっていただくことも求められます。

親の重要な役割として、教育に対する協力的な姿勢があげられます。学園で行われる教育が真に子どもたちの血となり肉となるためには、子どもの生活のリズムを守ることなどを含め、家庭での過ごし方が大切です。定期的に開かれるクラスの会は、そのときにクラスで行われている教育の状況を、親と教師が共有しておくための大切な機会として、必ずご参加いただくようお願いしています。

親たちのしごとについて

コメントは受け付けていません。