学習内容 2年生

この時期の子どもたちに見られる特徴

いろいろな体験を通して少しずつ外の世界に目覚めていく。左右、内と外。人の持つ気高さとおろかさなど二重性(対極性)に気づき始める時期でもある。

国語


<国語> 漢字の学習

「動物寓話」や「人間の気高さを表す物語(聖人伝、偉人伝)」たとえば、イソップ童話、良寛や聖フランシスコなどの話は、この時期の子どもたちの心の状態に合っている。国語の授業では、漢字などの文字の導入を継続していく。また、物語を聞いて書き、5W1Hを明確にできるようにする。

社会・理科

1〜2年生では、社会、理科の区別をせず、自然に親しみ、四季折々の変化を感じ取り、また祭を体験することで、社会科的、理科的な事象への気付き、学びを促していく。

算数


<算数>

1年で導入した四則計算を深めていく。大きな数字での四則計算、位取り、九九を学ぶ。

フォルメン線描


<フォルメン> 線描

左右対称、上下対称の形を描く。

水彩

色のお話や物語の素材から。色そのものの質を体験する。色の調和や動き、体験、色の調和、色の質と動き。(1、2年生共通)

外国語

模倣する力を通して、歌や遊び、音の響きを体験する。(1、2、3年生共通)
簡単な会話を導入する。

音楽

5度の雰囲気(ペンタトニック)の音階を使った曲。打楽器、笛、歌、動きを通して体全体で音を体験する。(1、2、3年生共通)

運動遊び(体育)

運動遊び…想像力と身体を使う遊び(鬼ごっこなど)、リズムやバランス感覚を養う遊び(縄跳び等)。協調性を養う簡単なゲーム。(1、2、3年生共通)

オイリュトミー

全員が輪の中心を向き、直線や曲線、三角形、四角形などの形を動く。友だちと一緒に動くことの喜び、秩序立った美しさの体験を深める。音の響きや、音楽に合わせた基本的な身ぶりや動き。(1、2、3年生共通)

工芸

この学年では導入しない。

手の仕事


<手の仕事> 笛袋

棒針編みの継続。かぎ針編みの導入。

コメントは停止中です。