平成27(2015)年度 シュタイナー学園 いじめ防止基本方針

1.いじめの基本認識
いじめは、自分と異なる他者への付き合い方やコミュニケーションの方法、対処方法が未熟なことによって起こる現象であり、発達過程でまだ自分以外のものを認めて受け入れられない段階の複数の人間がいる場ではどこでも起こり得る。しかし、いじめは人としての尊厳を傷つける行為であり、許されるべきではない。
これらの認識の下に、学校では、いじめを早期に発見することに努め、いじめられた人といじめた人の双方の、いじめによって起こり得る心身への影響を可能な限り減らし、子ども達のさらなる成長へとつなげていく働きかけに努める。

2.学園のいじめ対策の基本方針
学園におけるいじめ対策は、学園の児童・生徒が自分と異なる他者との良好な人間関係を築いていく過程を援助することで、全ての人は、誰一人欠かせない大切な存在であると皆が思えるようになり、いじめがなくなっていくことを目標とする。
自分と異なる他者を理解し、良好な人間関係を築いていけるよう、いじめる側といじめられる側の子どもの双方の人間的な成長を図ることで問題を解決していくという視点で、いじめを予防し、なくしていくための対策を、教職員、児童生徒、保護者、地域やその他の関係者との協力の下、実施していく。

3.いじめ防止等の対策のための組織
学校内において、いじめ防止等の組織的な取り組みを推進するためのいじめ対策委員会を設置する。この組織や各担任を中心に、全教職員で共通理解を図り、学校全体でいじめ対策を実施する。

4.いじめ防止のための対策
1)いじめ未然防止策
シュタイナー教育自体に多くのいじめの未然防止につながる要素が含まれている。
シュタイナー教育の、
(1)点数評価がなく、他者との比較のない、子どもが生来持つものを伸ばしていく教育
(2)子ども本来の成長段階に合わせたカリキュラム
(3)現象を、偏見なく、ありのままに見て感じる力の養成
等の特徴を生かした、満足度が高く、ストレスの少ない学習環境づくりを進めることで、日常の授業の中でいじめが起こりにくい子ども達の物の見方、心の育成を図る。
また、あたたかいクラスの共同体、子ども達の成長を共に見守る保護者や教師の共同体の育成を通じて、子どもたちがその中で安心して成長できる、いじめが起こりにくい学校社会環境をつくっていく。

2)いじめの早期発見・早期に対処するための対策
基本的に、以下の対策を柱に、いじめを萌芽の段階で発見し、深刻ないじめに至らないようにしていく。
(1)子どもの注意深い観察と子ども達の情報の把握
(2)何でも話しやすい子どもと教職員との関係づくり
(3)クラス内での問題発見・解決能力の育成(問題が起こった際にそれが問題と言える雰囲気づくりを含む)
(4)教職員間、教職員と保護者、クラスの共同体、地域の人々や関係機関との良好な関係づくりと連携

3)問題が起こった場合の対策
いじめが、いじめた側といじめられた側の双方に傷が残らず、成長の糧となる形での解決をしていくことを目標に、対策を実施していく。
発見・通報を受けた場合は、特定の教員だけで抱え込まず、速やかに他の教職員にも報告し、組織的に教職員全体で対処する。
・速やかに事実確認を行い、関係児童・生徒およびその保護者、集団全体(学級、部活動、遊び仲間等)へそれぞれ支援、指導、助言を実施する。インターネット等の不適切な書き込みについては適切な措置を実施する。
・必要に応じ、関係機関との協力や援助を求める。
・教職員全体の共通理解、保護者の協力、関係機関との連携のもとで対応する。
 児童相談所、子ども家庭相談課、青少年相談員、警察(県警少年相談・保護センター)等
(児童・生徒および保護者からの相談や訴えには真摯に対応する。)

対策終了後は、いじめ発生から解決までの流れを再度確認し、再発防止のために、できる改善策を提案し、改善を図っていく。

4)重大事態への対処
重大事態が発生した場合は、その事態に組織的に速やかに対処し、同様の事態が二度と起こらないよう、事実を調査、振り返り、改善策を講じる。

コメントは受け付けていません。