入学・転入学に関するQ&A

Q
通学時に保護者による送迎が必要だそうですが、何年生までですか?距離にもよりますか?
A
当学園では、子どもたちが家庭生活中心の幼児期から就学期へスムーズに移行し、安心感を持って通学できるよう、また全児童が安全に通学できるように、登下校時の付き添いにご家庭のご理解とご協力をお願いしています。自宅からの距離、交通手段にかかわらず、1年生は登下校ともに保護者または保護者の代理人(決まった方)に校門まで同伴して頂きます。また2年生、3年生の徒歩通学(学園近隣駐車場から校門までを含む)にも大人の付き添いが必要です。
また安全面から、徒歩通学は全学年二人以上で行動させています。
Q
「通学時間1時間以内」という規定は家を出てから学校に着くまでですか?
A
公共交通機関を使ってお子さんが自宅を出てから学園に着くまでの正味の所要時間です。
Q
学園の近くに引っ越される家庭が多いと聞きましたが、在校生の住まいはどの地域が多いですか?
A
初等部児童家庭の居住地区は以下の通りです。

旧藤野町地域65.2%(うち名倉地区30.3%、日連地区18.8%、小渕地区12.3%、牧野地区4.4%、吉野地区4.4%)
旧相模湖町地域5.8%、上野原市3.6%、高尾7.3%、その他18.1%

Q
シュタイナー幼稚園に通っていないと入れませんか?
A
シュタイナー幼稚園に通っていたかどうかは、条件にはなりません。
Q
これまでシュタイナー教育を受けていませんが、転入は可能ですか?
A
シュタイナー教育を受けてきたかどうかは、条件にはなりません。
Q
親は転入を希望していますが、本人の意志が大事だと思います。 模擬授業、授業見学、体験入学などを受けて考えたいのですが、そうしたプログラムはありますか?
A
初等部、中等部の入学・転入学にあたっては、責任あるご家庭の判断が重要と考えておりますので、子ども向けのプログラムはありません。オープンデイ(6月初旬)と学園祭(10月中旬)にはご家族で学園にいらして頂けますので、どうぞお出かけください。
Q
サポートが必要な子どもですが、サポート専門の教師やスタッフ、スペースの用意はありますか?
A
申し訳ありませんが、現状ではサポートの必要な子どもさんのための教室など設備やスタッフの準備はできておりません。
Q
シュタイナー教育について保護者はどのくらい学んでいればいいですか?
A
ご両親がともに当学園の教育理念に賛同し、学校とともに教育のために協力するご意志のあることが大切です。「この程度学んで頂きたい」という基準はありません。
Q
通知表がないそうですが、評価自体をしていないのですか?学習面の家庭への報告はありますか?
A
成績を競うのではなく、学習の対象への興味と知る喜びが学びの動機となるよう指導しています。そのために、点数評価による通知表ではなく、担任、専科教師が個々の子どもについて文章で記述する「成長の記録」を、各学年末にご家庭にお渡ししています。
Q
特定の宗教的な時間、題材を取り入れた授業がありますか?
A
当学園は特定の宗教ではなく、自然や目に見えない神聖なものに対する宗教的な敬虔さを子どもの中に育てることを大切にしています。初等部で古事記など日本の神話、聖書、ギリシア神話など世界の神話を授業の中で学びます。中等部では世界の文化として様々な宗教を取り上げます。
Q
他校と違う独自のルールなどはありますか?
A
子どもの身体と心の発達段階に応じた成長を促すためにいくつかのことをご家庭にもお願いしています。身体の基礎を形成する低学年にはサッカー、野球などの特定の部位に過度の負担を伴うスポーツは推奨しません。またテレビやビデオの視聴、電子ゲーム、コンピューターなどの使用は子どもの心身への影響が大きいため、ご配慮頂くようお願いしています。こうした教育方針をご家庭とともに守ることで、子どもたちの健全な成長をささえ、学びを充実したものにしています。
Q
制服はないそうですが、鞄、靴、帽子、持ち物などの規定はありますか?
A
規定はありませんが、安全面から両手が自由になるリュック、寒暑から頭部を保護する帽子の着用と、落ち着いて学びに集中できるよう、華美にならない本来の子どもらしい服装をお願いしています。
Q
クラブ活動はありますか?
A
初等部のクラブ活動はありません。中等部・高等部にはオーケストラ、コーラス、ライアー、柔道、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、ランニング部があります。

コメントは受け付けていません。