運動会を開催しました

9月29日(土)、名倉校舎で運動会を開催しました。

ここ数年、低学年は午前中に運動会、高学年は午後に体育祭と別々にわかれての開催でした。

ですが、今回は、高等部の生徒から「普段なかなか交流の時間を持てない低学年と交流を持ちたい」

という意見が上がり、久しぶりに全校生徒がそろっての運動会でした。

運動会では各学年が縦割りで赤、青、黄、緑の4グループにわかれるので、

学年をまたいでの交流も深まります。

雨の予報のためプログラムを変更し、広い校庭でしかできないリレーからはじめました。

低学年が見守る中、思春期の子どもたちが持てる力を全て出し切り、

猛スピードで駆け抜けていきます。

まだ子どもらしさの残る5年生から始まり、徐々に学年を上げ、頼もしい若者の姿となった

12年生までの子どもたち全員が4つのバトンをつなぐ様子は、人の成長の様を見るようで、

応援する側の胸にも熱いものが込み上げました。

ほどなく雨脚が強まってきたので体育館に移り、まずは借り物競争から。

1、2年生と11、12年生がそれぞれ手をつなぎ、「サングラスの人」「クリスマス生まれ」

「美女と野獣」などの札に当てはまる人を借り出します。

「腕相撲の強い人」に借り出された人は実際に生徒と腕相撲をし、その力強さに会場も沸きました。

 

運動会は保護者や教員などの大人が一緒に参加する種目も多く、低学年、高学年、保護者が

入り交じってともに楽しみます。

お話から始まる低学年「サボテン」や「魔女と村人」は、全速力で走り回って、

捕まった人を助け合う種目。

綱引きも自分の持つ力を精一杯発揮し、子どもも大人も、みんな本気です。

最後の種目は児童、生徒、保護者、教職員が全てそろってのジェンカ。

生徒の奏でるヴァイオリンや太鼓の生演奏に合わせて、踊りながらじゃんけんをし、

負けた人は勝った人の後ろにつながっていきます。

一番最後には全員が長い長い列になって、一つにつながります。

午後には高学年の有志による球技大会。

ドッチボール(5・6年、7・8年)・バスケットボール(9〜12年生)・

バレーボール(8〜12年生)を、大人も一緒に参加して楽しみました。

自らの力を出し切り、みんな笑顔の一日。一人一人の顔が、キラキラと輝いていました。

事務局広報 越野 美樹


コメントは停止中です。