シュタイナー学園通信 No.29

No.29 2014年7月号 Contents

「航海実習の報告」
11年生の航海実習は、球面幾何学エポックの延長です。その学びは、大航海時代に発達したメルカトル図法から始まります。締めくくりに生徒たちは、実際の航海を体験しました。

「予防医学としてのシュタイナー教育」
—「自己教育」を育む—
ミヒャエラ・グレックラー 講演より

2014年度オリンピック大祭

1年担任・新任の先生から

シュタイナー学園出張講座のご報告

2014年 オープンデイ

卒業生インタビュー ◎佐山 尚さん
演劇の道を歩むきっかけとなったのは、「おろち劇」だった

理事会より

「書評『シュタイナー学園のエポック授業」
—12 年間の学びの成り立ち—』
井藤 元(大阪成蹊大学 教育学部 講師)

※シュタイナー学園通信のご購読については、お問い合わせください。


コメントは停止中です。