シュタイナー学園通信 No.30

No.30 2014年12月号 Contents

【特集】演劇
「人間とは」を問う卒業演劇
 増渕 智

卒業生たちの多くが、最も印象に残る学び
の一つに劇を挙げるが、それだけの魅力が劇
にはあるからなのであろう。では、劇はいっ
たいどのように作られているのか。そしてそ
れをする教育的な意味は何なのか。この二つ
のことを見ていきたいと思う。
(本文より抜粋)

座談会「演劇の学びを振り返って」
角田萌果さん×永田フネさん×村上虹郎さん

卒業生インタビュー ◎倉田ももさん
児童福祉を勉強したい。他のことには、興味が向かなかった

イスラエルで開かれたシュタイナー教育国際フォーラム
秦 理絵子

理事会より 浦上裕子

「書評『シュタイナー学園のエポック授業」
—12年間の学びの成り立ち—』 後編
井藤 元(大阪成蹊大学 教育学部 講師)

※シュタイナー学園通信のご購読については、お問い合わせください。


コメントは停止中です。